ANAマイルの価値は?

2019-03-03

このブログはしばしば航空会社のマイルを貯めることをお勧めしています。

本日は何故航空会社のマイルがお得なのか、それを一度考察してみたいと思います。

今回は日本で最も貯めやすく、路線も多いANAマイルについて考えます。

JALマイルも価値はほぼ同様です。

それ以外の航空会社はAviosのマイルが最近評判になっていますが、ANAマイルやJALマイルと価値が異なるので今回は考慮しません。

ANAマイルの貯め方については下記記事を参照してください。

リンクカード

航空会社のマイルとは?

これは「航空会社によるマイレージサービス」の略で、航空会社のポイントサービスです。

飛行機に乗るたびに、乗った距離に応じてポイントを獲得できます。

ポイントが一定の貯まると、特典航空券や電子マネーに交換できます。

このポイントを「マイル」と呼びます。

マイルの使い道とは?

主な使い道としては下記があります。

  • ANA関連ショップでの使用
  • ANAご利用券
  • ANA Selection特典
  • 電子マネーへの交換
  • ANA国内線特典航空券
  • ANA国際線特典航空券
  • ANA国際線アップグレード特典
  • 提携航空会社特典航空券
  • バニラエア特典航空券
  • ANA SKYコイン

それぞれについて順番に説明していきます。

ANA関連ショップでの使用/ANAご利用券/ANA Selection特典

ANA関連ショップでは1マイルは1円相当の価値として利用できます。

同様にANAご利用券として1マイルは1円の金券に交換できます。

ANA Selectionは百貨店のギフトカタログとほぼ同じです。こちらも1マイル1円相当です。

マイルには他の使い道がありますので、マイルが余って有効期限が切れそうな場合のみに選択肢となります。

電子マネーへの交換

1マイルは1円相当の電子マネーに交換できます。

電子マネーは以下の種類に対応しています。

  • Edy
  • nanaco
  • Suica
  • 楽天ポイント
  • Tポイント

各種ポイントは日常生活で非常に使いやすいです。しかし、ただそれだけです。
こちらおマイルが余って有効期限が切れそうな場合のみに選択肢となります。

ANA国内線特典航空券

ANA国内線特典航空券はシーズンと距離によってポイント数が異なります。

f:id:sikle0000:20190303224905p:plain

価値を確認するため2つの利用例を考えてみます。

場所は旅行で使う機会のありそうな沖縄県の那覇空港を3月の土日(レギュラーシーズン)を見てみます。

他にも陸の孤島と呼ばれる島根県の萩・石見空港を4月前半の土日(ローシーズン)で考えて見ます。

case1) 東京 <-> 那覇 (レギュラーシーズン)

f:id:sikle0000:20190303230510p:plain往復合計が74,580円です。

マイルを使用した場合には往復で18,000マイルです。

1マイルの価値は4.14円になります。

case2) 東京 <-> 萩石見 (ローシーズン)

f:id:sikle0000:20190303225230p:plain

往復合計が62,180円です。

マイルを使用した場合には往復で12,000マイルです。

1マイルの価値は5.181円になります。

ANA国際線特典航空券

ANA国際線特典航空券はシーズンとエリアによってポイント数が異なります。

f:id:sikle0000:20190303230639p:plain
f:id:sikle0000:20190303230732p:plain

価値を確認するためここでも2つの利用例を考えて見ます。

場所は近場の中国(レギュラーシーズン)を4連休のイメージで考えて見ます。

また長期休暇の例として少し遠めの北米(ハイシーズン)をお盆の時期で考えて見ます。

3月上旬に検索した価格なので、時期が近くなればもっと料金は高額になります。

case1) 東京 <-> 香港(エコノミー・レギュラーシーズン)

f:id:sikle0000:20190303230826p:plain

往復合計がエコノミークラスで506USD(55,660円)です。

マイルをエコノミークラスで使用した場合には往復で20,000マイルです。

エコノミークラスの場合は1マイルの価値は 0.0253USD(2.53円)になります。

case2) 東京 <-> 香港(ビジネス・レギュラーシーズン)

f:id:sikle0000:20190303230923p:plain

往復合計がビジネスクラスで1,315 USD(144,650円)です。

マイルをビジネスクラスで使用した場合には往復で40,000マイルです。

ビジネスクラスの場合は1マイルの価値0.0329 USD(3.616円)になります。

case3) 東京 <-> ロサンゼルス(エコノミー・ハイシーズン)

f:id:sikle0000:20190303231024p:plain

往復合計がエコノミークラスで6,087USD (669,570円) です。

マイルをエコノミークラスで使用した場合には往復で55,000マイルです。

エコノミークラスの場合は1マイルの価値は0.0676USD (7.44円)になります。

case4) 東京 <-> ロサンゼルス(ビジネス・ハイシーズン)

f:id:sikle0000:20190303231116p:plain

往復合計がビジネスクラスで9,725USD (1,069,750円) です。

マイルをビジネスクラスで使用した場合には往復で90,000マイルです。

ビジネスクラスの場合は1マイルの価値は0.0589USD (6.48円)になりますね。

case5) 東京 <-> ロサンゼルス(ファースト・ハイシーズン)

f:id:sikle0000:20190303231202p:plain

往復合計がファーストクラスで9,725 USD (1,069,750円) です。

マイルをファーストクラスで使用した場合には往復で165,000マイルです。

ビジネスクラスの場合は1マイルの価値は0.0589 USD(6.48円)になりますね。

ANA国際線アップグレード特典

f:id:sikle0000:20190303231535p:plain

区間基本マイレージは、日本発着の場合、以下のようになります。

  • 2,000以下は中国のほとんどと韓国、台湾。
  • 2,001~3,500は東南アジアのほとんど。
  • 3,501~4,500はハワイ、インド。
  • 4,501~5,500はシドニー、北米西海岸。
  • 5,501以上は北米東海岸、欧州。

これはビジネスクラスを使えるという意味で価値が高いです。

しかし、十分なマイルがあるなら特典航空券のビジネスクラスを使った方が効率が良いです。

もともとの航空券の種類によっては対象外であったり、条件が高いのも問題です。

単純にお金換算が難しいのでここでは価値の計算は省略します。

提携航空会社特典航空券

ANAマイルはANA提携航空会社の特典航空券に交換できます。

しかし、必要なマイル数は2倍近くなることもあります。

対象の航空会社が多いこと、かなりマイルに余裕がある方限定なので今回は計算しません。

バニラエア特典航空券

バニラエアだけはANA提携航空会社の中で例外的なので紹介します。

2019年3月31日の搭乗分から大幅な必要マイル数の引き下げがあり、下記のようになります。

時期によるポイント数の増減がない上、ローシーズンのANAの必要マイル数と比べても2割ほど安くなっています。

f:id:sikle0000:20190303231743p:plain

case1) 東京 <-> 那覇 (レギュラーシーズン)

f:id:sikle0000:20190303231817p:plain

往復合計が45,760円です。

マイルを使用した場合には往復で9,600マイルです。

1マイルの価値は4.766円になりますね。

case2) 東京 <-> 香港 (ローシーズン)

f:id:sikle0000:20190303231910p:plain

往復合計が37,060円です。

マイルを使用した場合には往復で13,600マイルです。

1マイルの価値は2.75円になりますね。

ANA SKYコイン

f:id:sikle0000:20190303232006p:plain

ANA SKYコインは航空券の購入や旅行代金の支払いに使用できます。

マイルに興味のある方はANAカード、ANAゴールドカードを所有している方が多いので、その条件で考えます。

表を見てわかる通り、5万マイル以上の交換で1.5倍~1.7倍の交換率となります。

これだけで見ると特典航空券の方が価値が高いです。

しかし、ANA SKYコインには別の価値があります。

  • 特典航空券の枠がなくても、現金相当として空席があれば航空券を取得できる(人気の区間でも航空券が取り易い)
  • 燃料サーチャージ代を支払うことができる。(特典航空券の場合は別途支払いが必要です)
  • 飛行マイル、プレミアムポイントも通常通り貯まる(特典航空券では貯まりません)
  • マイルの有効期限が迫ってきた時に退避できる。(SKYコインとして1年間使用できる)

SFC会員の取得を狙っている方にお勧めの方法です。

旅行の予定がかなり早く決まっておりチケットがエコノミークラスを利用する場合、パッケージ旅行の場合はマイルよりもSKYコインのほうが価値が高くなることがあります。

(多くの場合はマイルで特典航空券を得る方が価値が高いですが。)

まとめ

今回はANAマイルの価値についてユースケースを踏まえて考察してみました。

お勧めの交換先とマイルの価値は以下のようになります。

  • 国際線特典航空券(ファーストクラス):1マイル – > 約6~15円
  • 国際線特典航空券(ビジネスクラス):1マイル – > 約4~8円
  • 国際線特典航空券(エコノミークラス):1マイル – > 約3~6円
  • 国内線特典航空券:1マイル – > 約1.5~5円
  • バニラエア特典航空券 :1マイル – > 約2.5~5円
  • スカイコイン:1マイル – > 1.5~1.7円

今回はディスアドバンテージを記載してこなかったので最後にひとつ説明しておきます。

国際線特典航空券は非常に価値が高いですが、枠が非常に少ないです。

ハワイなどの人気路線の連休の日程では予約開始直後に枠がなくなってしまう事があります。

人気路線の国際線特典航空券の利用を考える場合は、人と休暇をずらすか、ANAの会員ランクを上げる必要があります。

国内線特典航空券は比較的取り易いのでご安心ください。

また今回は説明しませんでしたが、国内線では「一緒にマイル割り」というサービスもお得です。

国内線であれば二人で10000マイルと現金26000円でどこでも往復できます。