ソラチカカードで毎年21,600ANAマイルを獲得 / 3月5日更新

2019-03-05

本日はソラチカカードと呼ばれるクレジットカードを紹介します。

このカードの機能とプロモーションを説明していきます。

プロモーションを全て達成すると、最大6万マイル以上が獲得できます。

ソラチカカードとは?

正式名称は ANA To Me CARD PASMO JCBです。
通称で ソラチカカード と呼ばれています。
機能としてはANAカードと東京メトロToMeカードの合体版クレジットカードです。

このカードは年間216000マイルを獲得するために必須のカードとなります。

ソラチカカードの機能

ソラチカカードの利点は主に下記です。

1. ANAカード

ソラチカカードは普通にANAクレジットカードとして利用できます。

ただし今回のプロモーションを除き、カード支払いでマイルを貯めるには他のカードの方が有用です。

既に別のANAカードを持っている場合でも、ソラチカカードで貯めたANAマイルは今のマイル口座に合算ができます。

2. オートチャージ機能付きPASMO

ソラチカカードにはオートチャージ機能付きPASMOの機能が含まれています。

ソラチカカードで東京メトロに乗車すれば、東京メトロのポイント(メトロポイント)が貯まっていきます。

お持ちの東京メトロ発行の定期券があれば、ソラチカカードに搭載することも可能です。

3. ANAマイル<–>メトロポイントの交換

ソラチカカードがあれば、貯めたメトロポイントをANAマイルに交換することが可能です。

重要なのはメトロポイントをANAマイルに交換する場合です。

ソラチカカードがあれば1メトロポイント(1円相当)=0.9ANAマイルとして交換が可能となります。

メトロポイントにはLINEポイントからポイント交換することができます。

この機能を利用するのがソラチカルートです。

ソラチカルートとは?

ポイントサイトなどで不労所得として稼いだLINEポイントをメトロポイントに交換(倍率0.9倍、10,000LINEポイント(10,000円相当)=>9,000メトロポイント(9,000円相当))します。

メトロポイントからANAマイル(9,000メトロポイント=>8,100ANAマイル))に交換するテクニックのことです。

ANAマイルは特典航空券にすることで2-8円の価値があります。

ソラチカルートの詳細については下記の記事を参照してください。

 

ANAマイルの価値については下記の記事を参照してください。

ソラチカカードで大量マイルを獲得するには?

ソラチカカードは下記のプロモーションを利用することで大量のANAマイルを獲得できます。

  • マイ友プログラム
  • ポイントサイト
  • JCBプロモーション
  • ANAプロモーション

マイ友プログラム

これからソラチカカードに入会する場合には、下記の手順で実行してください。

その後ソラチカカードに申し込みすれば入会特典の1000マイルに加え、特典の500マイルがもらえます。

マイ友プログラム登録ページ

『マイ友プログラム』に登録する | ANAマイレージクラブ

日本語サイトのみが対象です。

必要であればgoogle cromeの翻訳機能を使いましょう。

マイ友プログラムのページのオレンジ色の「登録用ページ」ボタンをクリックして登録ページを開いてください。

紹介者と紹介番号を入力する欄がありますので、下記のように入力します。

紹介者氏名 姓:サイトウ  名:トモヒロ

紹介番号:00054332

この欄の下に、申込者の情報として「氏名」と「生年月日」を入力して登録します。

ポイントサイト

現在下記の3つのサイトのいずれかのプロモーションを利用することをお勧めします。

  • 6,700 円 ECナビ
  • 6,500 円 ライフメディア
  • 5,200 円 モッピー

それぞれ利点を説明します。

ECナビ

獲得できるポイントが3月5日の時点で最高額です。

外食モニターなど別の案件が使いやすいのがECナビの利点です。

ECナビ->PeX->LINEポイントというルートが3月現在15%還元キャンペーンをやっています。

そのためソラチカルートで交換した場合86%の交換レートになります。(6,700 * 0.86 = 5,762 ANAマイル)

下記の記事でポイントサイトの紹介と登録方法を説明しています。

 

下記のリンクの「ポイントGETはこちら!」をクリックし、そのあとJCBのサイトにジャンプします。

ECナビ – サービスで貯まる – ANA JCBカード(ソラチカカード)

ライフメディア

獲得できるポイントが3月5日の時点で2番目です。

2月の時点では1番ポイントの還元が高いポイントサイトでした。

アンケートの案件が使いやすいのがライフメディアの利点です。

下記の記事でポイントサイトの紹介と登録方法を説明しています。

下記のリンクの「ポイントGET」をクリックしてください。そのあとJCBのサイトにジャンプします。

ANA JCBカード(ソラチカカードも対象)はライフメディア経由がお得|ポイントサイトでお小遣い稼ぎ

モッピー

ポイントは他の2つのサイトに比べれば少ないですが、他にも良い案件が多いです。

ソラチカルートもLINEポイントまでが短い経路が使える利点があります。

下記の記事でポイントサイトの入会を紹介をしています。

 

下記のリンクの「POINT GET」をクリックしてください。そのあとJCBのサイトにジャンプします。

【高P】ANA JCBカード(ソラチカカード)の詳細 | ポイントサイトでお小遣い稼ぎ・節約するなら安心・安全なモッピー

JCBのサイト

いずれかのポイントサイトからジャンプし、ソラチカカードを選択してください。

この後はJCBサイトの指示に従って登録が可能です。

ただし、ポイントコース選択はこのカードをメインカードにする予定があれば10マイルコース、そうでないなら5マイルコースをお勧めします。

私は他のカードを決済のメインにしているので、5マイルコースを選択しました。

なおこのカードは年会費が 2,000円 (※初年度無料)がかかります。

しかし、持っているだけで毎年マイルが手に入るので、マイルを貯める限り損はしません。

JCBのプロモーション

ANA JCBカードのプロモーションに登録にしてください。

このプロモーションは参加登録が必須となります。

ANA JCBカード入会プロモーションの公式ページにある「キャンペーン参加登録はこちら」ボタンをクリックしてプロモーションに参加登録します。

こちらのプロモーションは2019/4/30までに申込が必要です。

ANA JCBカード 入会キャンペーン | クレジットカードなら、JCBカード

WEB明細サービス「MyJチェック(登録無料)」に登録

WEBで利用明細を確認できるサービスに登録してください。

カード利用でボーナスポイントをゲット

ソラチカカードが手元に届いたら、2019年6月30日(※JCB受付完了分)までに、合計130万円分以上をプロモーションに参加登録したカードで決済すると19,500マイル相当(6,500okidokiポイント)を獲得できます。

  • ショッピング合計30万円以上:1,000 Okidokiボーナスポイント
  • ショッピング合計55万円以上:2,500 Okidokiボーナスポイント
  • ショッピング合計130万円以上:6,500 Okidokiボーナスポイント

このOkidokiボーナスポイントはANAマイルに直接移行すると1ポイント=3マイルです。(JCB公式ページより)

しかしOkidokiポイント->メトロポイント->ANAマイルの手順で交換すると1ポイント=4.5マイルにすることが可能です。

つまり6,500 Okidokiボーナスポイントは29,250マイルに変換できます。

ANAのプロモーション

ANAもプロモーションしており、こちらでもマイルをもらうことが可能です。

この入会プロモーションも、プロモーションページから参加登録した方しか参加できません。
カードが届いてから参加登録した方のみが対象です。

カードが届いたら下記ページの「キャンペーンに参加登録」から申し込んでください。

ただし、これは1枚もカードを持っていない人限定なので注意してください。

入って!使おう!ANAカード新規入会キャンペーン│ANAマイレージクラブ

  • 通常の入会ボーナスマイルが獲得できます(ソラチカカードは一般カードなので500マイル)
  • 15万利用で3000マイル、50万利用で15000マイルが獲得できます

まとめ

4つのテクニックを利用することで最大で下記のポイントをゲットできます。

  • 「マイ友プログラム」500ANAマイル
  • 「ポイントサイト」6,700円 => (5,762ANA マイル)
  • 「JCBプロモーション」6,500 Okidokボーナスポイント => 29,250ANAマイル
  • 「ANAプロモーション」15,500ANAマイル

これに加えてJCBプロモーションの達成した時点で130万円分のOkidokiポイントを獲得しているはずです。

ソラチカカードのコースは10マイルコースで13,000マイル、5マイルコースにすると6,500マイルになります。

10マイルコースはマイル獲得数は多いですが年会費が高くなるのでご注意ください。

最後にJCBプロモーションやANAプロモーションは非常にお得ですが、絶対に無理をしないようにしてください。